旗の一種「のぼり」

のぼりは旗の一種だけど正確には旗ともちょっと違う

のぼりでお店のアピールを!

旗の一種「のぼり」

街中を歩いていると良く見かけると思います。

お店の前とかに旗が立っていませんか?

宣伝用の旗だと思うのですが、インパクトありますよね。

でも、当たり前のようにどこにでもあるので、それほど気にして見たことはないかもしれません。

気にして見てはいないのに、なぜか頭の中にインプットされていることはありませんか?そうです、目からの情報は実は頭に残りやすいのです。

そして、そういった旗たちに書かれている言葉は、「大安売り!」とか「特売!」とか「300円均一!」だとか、単純な言葉でしかないのです。

ですから、仮に意識がどこかへ飛んでいたとしても後々思い出すことは出来るのです。

前置きが長くなりましたが、あの旗の名前、ご存じですか?

あの旗自体は誰でも見たことがあるかと思いますが、名前まで知っている人は少ないでしょう。

名前は、のぼりと言います。《参考|のぼりについて

のぼりと言う名前を聞いても「?」と思ってしまうかもしれませんね。

そして、細かく言えば、旗の一種ではありますが、正確には旗ともちょっと違うのです。

今は主には宣伝のために使われていましたが、昔は、戦の時になどに用いられていました。

《 関連情報 》
印染製品別染色方法